2014年4月アーカイブ

stjr3knh.pngインターネットを閲覧していると、スポンサードリンクなどでデリケートゾーン脱毛の広告がよく見られます。広告の露出度だけではなく、体験者が口コミサイトにアップしたりブログに書いたり、かなりオープンな話題になっていると考えてよいでしょう。体験者自らが広告を後押しする形になっていることから、マーケティング戦略からも「AISASの法則」にかなっていて、非常に面白い効果を上げていると言えます。

下着や水着からアンダーヘアがはみ出さないようにハサミや剃刀で手入れをすることは、ほとんどの女性が経験済みだと思われます。ただしこの方法の難点は、肌荒れや皮膚の黒ズミが発生すること、そしてせっかく手入れしても一時的な効果しかありません。一方エステティックサロンなどでの行われる恒久的なデリケートゾーン脱毛は、こうした不満に答える以上の効果があります。

レーザーや光による恒久的な脱毛処理は、手入れの煩雑さを大いに軽減してくれます。また生理や汗・おりものなどによるムレやかゆみを軽減してくれます。また排泄後の下着の汚れや臭いの付着も抑えられるので、衛生的でもあります。アンダーヘアを完全に脱毛した人をハイジニーナ(衛生的な処理を済ませた人の意)と呼ぶのもいわれの無いことではありません。

このようにデリケートゾーン脱毛は非常に実利的な快適感をもたらしますが、Vゾーンに限っては敢えて一部のアンダーヘアを小さめの逆三角形・卵型・長方形・ハート型などに残して脱毛することができ、自然な感じを残したり個性的なアレンジを施すことができます。

美容外科で脱毛を受けるメリット

jedjpmp8.png脱毛をするには医療機関かエステのどちらかになります。料金が安く店舗数も多いので、どうしてもエステに行きがちですが、実は美容外科で脱毛を受けるのには様々なメリットがあるのです。
そもそも、医療機関とエステの脱毛の違いはレーザーの出力量です。医療レーザーはエステの光脱毛よりも出力が強いので効力が高く、少ない回数で脱毛が可能なのです。また、医療機関であるので施術後の炎症を抑える薬などを処方してもらえるので安心です。
また、美容外科なので脱毛以外の美容メニューも充実しています。ムダ毛がなくなるだけでなく、潤いやハリのある美肌になれるメニューも多数存在、それらのメニューを受けることも可能なのです。それに、担当医によるアフターフォローも充実しています。メールなどで担当医に気軽に相談できるクリニックもあるので安心です。
ただし、美容外科での施術は医療行為となるのでそれなりの値段がかかります。自由診療なので価格に開きがありますが、両ワキを1000円以内でできるエステに比べると、医療レーザーはその何倍もかかってしまうので手が出しにくいのです。しかし、エステは効果が低いので回数をこなす必要があり、結局医療レーザーよりもお金がかかったという話はよく聞きます。
つまり、1回あたりの単価は高くとも、少ない回数で終わる医療レーザーの方が、最終的には値段もお得になるのです。安心、安全、効率的、しかも美容メニューも選べる美容外科で施術を受けるのが賢い選択です。